日々悩めるある大学生の記録

とある大学生が日々思ってることや伝えたいことを色んな人との交流を目的に書くブログです。

【実際にテニスが上達した!!】初心者がテニスを打てるようになるためのたった3つのポイント

こんばんは、シイです!

 

「テニスがなかなか上達しないよ・・」

そう思っているテニス初心者の方いませんか!?

 はじめに

なぜいきなりテニスの話が始まったのかと言いますと、偏見を持たれたくなかったのであまり言いたくはなかったのですが(笑)私はテニサーに所属しています。

「あっ、こいつ実はやばいやつだったのか」と思って帰らないでください!(笑)

健全にテニスを楽しむためのサークルです。間違いなくド隠キャ集団なので!

(ここまでいうとサークルの人に怒られそうですが・・笑)

 

最近の上達〜裏にある秘密〜

さて、最近私は先輩方に褒めていただける機会が多くなってきました。

「最近よく打てるようになってきたじゃん!」と。

これには実は裏話があって、大学の授業でテニスを履修し先生に教わりながら特訓をしているのです(笑)

そこで今回はそのテニスの授業で教えていただいたことの中で、初心者である私が実際に効果があったと感じたポイントを3点に絞ってお伝えしたいと思います!

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190627183229j:plain

KAZUさんによる写真ACからの写真

1点目:ボールを打つ位置

まずは、帰ってきたボールを打つ位置です。先生に指摘されるまで気づいていませんでしたが、最近まで私はボールが最高点を通過したあとの球を打っていました。

どうやら初心者は球速も遅くなっているのでこちらの方が打ちやすいらしいです・・。

しかし、ワンバウンドした球が最高点に到達するまでの間に打たないといけないとのことです。

これは簡単に言っていますが今までとはタイミングがずれてしまうと思います。

だいぶ早く打たないといけないと感じるのです。

しかし、このタイミングで打つことができれば今までの何倍も鋭い球が返せるようになりますよ!

 

2点目:ラケットの振り方

次に、ラケットの振り方についてです。まず、フォアの場合振り切ってください

「振り切ったらホームランになっちゃうよ!!」そういう反論が聞こえてきそうです(笑)

ホームランになってしまうのは1点目に書いた位置がずれているからです。上に書いた位置でボールをラケットに当てることができればホームランしなくて済むようになりますよ。

次にバックの場合。みなさんもバックは苦手だと思いますが、両手でバックを打つのならコンパクトに前に押し出すことを意識してみてください。

ただし、速いサーブの球のレシーブの際は当てるだけでちゃんと帰ります。

 

3点目:狙う場所

最後に、どこを狙うのかです。これもたった一つだけで相手の足元を狙いましょう

みなさんも足元に打たれた時に一番とりずらいと感じるはずです。

もちろん狙った場所の周りにボールが行くようになるまではそれなりの練習が必要だとは思いますが・・。

 

補足〜フォルトの場合のマナーに関して〜

あと、恥ずかしながら最近まで私が知らなかったテニスマナーについて補足しておきます。

フォルトに関してです。

リターン時に相手のサービスがフォルトである場合は相手コートに返球してはいけません。

フォルトボールはネットにかけるなり見過ごすなりして対処すべきでとのことです。

もし間違えて返してしまった場合には「ごめんなさい」と手をあげて謝ることが必要らしいです。

(今までバンバン返してしまってました、すみません!!)

 

おわりに

以上、実際に効果があったテニスの上達法を書いてみました。

私も大学からテニスを始めた初心者で一年生の頃は、先輩方が上手で一緒に打つことをずっと申し訳なく思っていました。

同じような悩みを抱えているみなさん、ぜひ実際にトライしてみてください!

これらの三点を意識して練習していくだけでぐんぐん上達していけると思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

それではまた!!