日々悩めるある大学生の記録

とある大学生が日々思ってることや伝えたいことを色んな人との交流を目的に書くブログです。

バズるより続ける

こんばんは、シイです!

はじめに

唐突なんですが今どんなことを書けばいいのかすごく悩んでいます(笑)

というのも、本当にありがたいことなのですがおそらくみなさまがはてブをつけてくださったおかげで本日小バズらしきことが起こりました。

アクセス数が先ほどの時点で149を記録したのです。

みなさまからすれば「えっそれだけ?」と思われるかもしれませんが、

私の普段のアクセス数からは考えられないほどです。

普段見てくださるみなさま、重ねがさね御礼申し上げます。

 

冒頭に戻りましょう。

なぜ悩んでいるかというとアクセス数を149回も集めた後に何を書いていいかわからないからです(笑)

それほどの人が見てくれるのであれば期待に応えなければならない、とかそれ以上のものが書けるのかといったたぐいのものですね。

(「いや大したことないやんけ」って突っ込まないでください(泣)私は小心者なのです 笑)

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190712223203j:plain

s******************pさんによる写真ACからの写真

 

バズるより続ける

そこで少し考えたのですが、今回はバズるより続けるというテーマで書きたいと思います。

まだまだブログ初心者の私ですが、初バズの時点で感じたこと思っていることを記録しておきたいということです。

 

世の中にはすごい人がいっぱいいますよね。

私が読者登録をさせていただいている方の中にも、ほぼ同時期に始めたはずなのにアクセス数で雲泥の差があるすごい方もいます。

才能の差なのでしょうか?タイミングの差なのでしょうか?

実力の差はあるものでしょうが、他にも要素はたくさん絡まっていると思います。

 

自分で言うのもあれなんですが(笑)私はそこまで無駄な記事を量産しているとは思ってません。

ターゲットが狭かったとしても誰かの役には立つような記事を書きたいと常に思って取り組んできました。

でも当たり前のことですが Googleの上位表示されるような記事と比べて有用性には雲泥の差があります。

読んでいて差を見せつけられます。

まだ自分はここには到達できない、そう思います。

 

でもそう考えることは悪いことではないではないかと思います。

どうすればこれよりもアクセス数が伸びるんだろう?

どうすればGoogleの上位に表示される(=見てくれる方の役に立つ)のだろう?

そう考えながら記事の内容であったりブログデザインを改良していく、

説明の仕方や順番を工夫していく、

それこそがブログ初心者にとって一つの楽しみにもなり得るのではないでしょうか?

 

私たちはどうしてもバズることを欲します。

収益を上げたい、1日のアクセス数を〇〇にしたい、そう願ってしまいます。

 

でも仮にバズらなくても誰も見てくれなくても書くことを続けましょう。

私たちブログを書く人は何かのきっかけがあって始めたはずなのです。

誰も見てくれなくてもいいではありませんか。

バズらなくてもいいではありませんか。

自分が伝えたいことを書くのがブログです。

そしておそらく伝え続けることでその熱意や情熱に伴いブログが成長していくのでしょう。

 

おわりに

今一度自分の考えを整理したいと思い、ダラダラとくだらないことを書いてしまいました。

読んでくださるみなさま、大したことのない内容にはてなスターやはてブをつけてくださるみなさまいつも本当に本当にありがとうございます。

 

それでは、また!