日々悩めるある大学生の記録

とある大学生が日々思ってることや伝えたいことを色んな人との交流を目的に書くブログです。

【書評】神・時間術 〜人生を変える時間の使い方〜

おはようございます!シイです。

 

「やりたいことも多いのに仕事に追われてるなあ…」

「もっと時間があればいろんなことできるのに!」

「毎日がなんとなく流れてしまう、時間が足りないよ」

そんなことを思っている方はいませんか?

 

はじめに

今回は、そんな時間に関する悩みを抱えている方に、

必見の本を紹介したいと思います。

『神・時間術』(樺沢紫苑著, 大和書房,2017)です!

この本、宣伝文句からすごいですよ?

あなたの24時間を科学的に2倍にする!

すみません、最初は私も「何を言ってるんだ?」と思っちゃいました(笑)

ですが、読んでいくうちに納得することも多く、

書かれれていることを実践すると1日にやれることが増えたんです!

この記事では、書かれている時間術の原則について紹介していきます。

 

一つ目 〜集中力を時間の中心に考える〜

まず、一つ目です。

「「集中力」を中心の時間を考える」

みなさんは1日の時間の中で集中力にムラがありませんか?

このことは実は科学的にも実証されているとこの本は説きます。

具体的には、起きてから2、3時間は脳のパフォーマンスが最も高い時間であると。

そのため、朝に集中力を要する文章執筆、語学の学習などを行い、

集中力をさほど必要としないメールチェックなどを

脳のパフォーマンスが落ちてきた頃に行えば、

仕事効率が上がるというわけです。

朝にメールチェックなどを行なっている方はいませんか?

 

二つ目 〜集中力をリセットして時間を生み出す〜

次に二つ目です。

「集中力を「リセット」して時間を生み出す」

先ほど、脳のパフォーマンスが落ちると言いましたが、

時間に連れて落としていくだけではもったいない。

ということで、集中力をリセットすることが大切だということです。

そのための具体的な手段は、

疲れる前に休むこと、また有酸素運動を行うこと。

この辺りの詳細についてはぜひ本書で確認してみてくださいね!

 

三つ目 〜自己投資のために時間を使う〜

そして最後に三つ目です。

「「自己投資」のために時間を使う」

これは先ほどの二つとは違って、

時間術によって生まれた時間をどう使うか?というお話です。

この本は、その時間を自己投資、能動的娯楽、楽しむために使うべき 

と述べています。

 

感想

感想に移ります。

実は私は二つ目までしかまだ本書の内容を実践できていません。

生まれた時間をゲームなどの受動的娯楽に充ててしまうこともよくあります。

ただし、そうは言っても時間が今までより産まれているのも事実です。

人が唯一平等に持っているものは時間だとよく言われます。

それならば、その時間を増やし、

最大限に活用することが求められるのではないでしょうか?

この本では、朝・昼・夜の時間の使い方などについても詳しく書かれているので、

気になった方はぜひ購入して読んでみてくだささい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた!