日々悩めるある大学生の記録

とある大学生が日々思ってることや伝えたいことを色んな人との交流を目的に書くブログです。

水溜りボンドさんに学ぶ成功への道 〜4年間の毎日投稿を支えるもの〜

こんにちは!シイです。

 

「昨日まではやろうと思っていたのに今日になるとやる気が…」

「1週間前に習慣にしようと思ってたのにもう崩れてきてる…」

「継続できない〜〜」

 そんなことを思っている方はいませんか?

 

はじめに

本日はyoutuberに学ぶ成功への道第二弾ということで、

継続といったらこの方々「水溜りボンド」さんの記事を紹介したいと思います。

このチャンネルの一番の特徴は、

4年間1日も欠かさず毎日投稿をしているところにあると思います。

大学生の頃からですよ?

すごすぎませんか?

テストとか病気などがあっても毎日投稿し続ける継続のコツ

インタビュー記事から探っていきたいと思います。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190930134128j:plain

 

周りに宣言する

news.livedoor.com

まずはこの記事からいきましょう。

2017年にインタビューされたものです。

これは水溜りボンドさんがチャンネルを開始して二年目に受けた

インタビュー記事です。

この中で動画の再生数が100再生ぐらいであったとしても、

大学時代、飲み会を断って動画の編集などに時間を充てていたと話されています。

「では、そこまでされた動機は?」と尋ねられたとき、

周囲に対してやりますと宣言してしまっていたから」と答えられています。

さらっと答えられていますがなかなか有言実行というのは難しいものです。

お二人の真面目な性格が伝わってきますよね。

 

好きなことに熱中する

www.huffingtonpost.jp

もう一記事見つけたので紹介したいと思います。

この記事で365日毎日投稿を続けられる理由について尋ねられると、

「10努力しても1返ってくるかわからないような職業がほとんどだと思うんで、

やったこと全てが返ってくるところで、努力しない意味がわからないし、

努力するの、すごく楽しいですよね。」

と答えられています。

その上で、もう少し後で

「本当に好きでやっている人たちがYouTubeだと勝っていくんだと思います。」

と答えていらっしゃるので、

努力というよりは好きなことに熱中しているという感じなのではないでしょうか?

まさに「好きなことで生きていく」を体現されている方々だなあと実感しました。

 

一視聴者として感じる凄みと工夫

ここからは少し余談ですが、

一視聴者として水溜りボンドさんのすごいなあと思っているところを

書きたいと思います。

初めて水溜りボンドさんのサブチャンネル

「水溜りボンドの日常」を見たときに衝撃を受けました。

メインのチャンネルでは元気で明るい感じを出しているカンタさんが

その日のサブチャンネルでは人間をあんまり信じないといったような

話をされていたからです。

驚くと同時に思ったのは、

メインチャンネルでは視聴者の求める姿を「演じ」

サブチャンネルでは自分たちのあるがままを出して魅力を発信しているんだあ

ということです。

こういった工夫により自分たちが好きなことをやりながら

見ている人のニーズにもあう動画を作れているのでしょう。

 

おわりに

まとめます。

水溜りボンドさんから学ぶ継続のコツは、

好きなものを探す、その上で周りに宣言しながらひたむきに取り組む

といったところでしょうか。

ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

 

それでは、また!