日々悩めるある大学生の記録

とある大学生が日々思ってることや伝えたいことを色んな人との交流を目的に書くブログです。

構造下で働くより、構造を創造する

おはようございます、シイです!

 

先日は高校の同級生とホームパーティをしました!

私は一浪しているので三年生の同級生のもっぱらの話題といえば就活。

インターン中なのにインスタばっかいじる変わった女の子の話など、

面白い話題や真面目な話題がいっぱい出ました。

はじめに

そこで今回の記事では少し広げて

「構造下で働くよりも、構造を創造する」ということについて

できればみなさんと意見交換をしてみたいと思います。

どういうことか?と言われると

例えばインターンだからスーツを着ていかなければならないとか、

交渉力などをあるフォーマットに従って評価されるとか

そもそも三年生のこの時期はインターンをするものだとか

そういったいわば「常識」にも近いものに私たちは日々従っています。

その「常識」というのは合理的だからこそ

社会理念としてまかりとおっているのでしょうが、

恐らく誰かが恣意的に定めたものです。

この「常識」に全面的に従うことが良いのかどうかについて

少しみなさんと考えてみたいのです。

 

インスタの話。

話題を一気に身近なところまで持っていきいと思います。

実は私はSNSが苦手なので(笑)インスタをやっていないのですが、

同世代の間にはめちゃくちゃインスタは流行っています。

ストーリーやライブなど機能も様々ですよね。

でもこんなみんなが楽しめるアプリを創造した人がいるのです。

言い方は悪いですが、アプリを使って楽しむことは誰にでもできます。

「そんな堅苦しいことを言うな」と言われるかもしれませんが(笑)

楽しんでいるのは時間の「費消」

誰かを楽しませることができたならそれは資産の「創生」に直結するのです。

この差は大きいものではないかなあと思います。

 

はてなブログの話。

自分がやっていないことはあれこれ言えるので(笑)

自分に関係あるはてなブログの話をしましょう。

このブログの形式を考えた人は本当に天才だと思います。

ブログを書く上で難しいスキルは特に必要ありませんし、

初心者が続けやすいようなはてなスターなどの機能も備えていて、

さらにははてブは社会的にも影響力を持っています。

はてなブログの場合はYouTubeと同じく構造が三層でしょう。

まず、はてなブログという構造を作った人がいて、

次にその構造下で働くブロガーがいて、

最後にそのコンテンツを楽しんでれる人がいる。

資産的なことを「ブログで月〇〇万」という方もたくさんいますが、

やはり構造を作ったみんなを楽しませんることができる人には、

金銭的な面でも社会貢献度的な面でも敵わないのでしょう。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190806095301j:plain

まんだむさんによる写真ACからの写真

構造下で働き続けることは…?

正しいことが正論だとは思ってません。

ただし、今は娯楽と言う名の時間を消費するものがはびこっています。

YouTubeを見ていたら止まらなくなり、

一時間経過するといったことはよくあることでしょう。

楽しいからいい、それもそうでしょうし、

リラックスできるというなら全然有意義な時間の使い方だと思います。

一方で、夏休みの今時間があるからといって

なんとなくずっと時間を浪費してしまうのはいかがなものなのでしょうか?

私は最近構造を作った人に時間を「搾取」されているような錯覚をも感じるのです。

 

就活の話アゲイン

最後に少し就活の話に戻りましょう。

www.hommeinavi.com

↑どうなるかはわかりませんが、就活のルールも変わると巷では噂されています。

結局は人が定めたルールなのでそういうこともあるでしょう。

基本的には誰かが定めたルールの中で働かざるを得ない社会です。

しかし何か一つはみんなの役に立つような構造を作ってみたい、そう思っています。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

ところどころ強い表現を使ってしまったため、不快に感じた方申し訳ありません。

私が思っていることを書きましたが、

「そうじゃないんじゃない?」という意見もあると思います。

ぜひコメントなどで書いていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、また!