日々悩めるある大学生の記録

とある大学生が日々思ってることや伝えたいことを色んな人との交流を目的に書くブログです。

どうやって経験差を埋め合わせるのか? 〜教師ver〜

おはようございます&お久しぶりです!

シイです。

 

またなぜブログの更新が止まっていたかというと、

4泊5日の塾の勉強合宿に講師として

帯同していったからです。

非常に得られることが多かった一方、睡眠時間はかなり短く

昨日などは疲労が重なってベットの上で1日の大半を過ごしていました(笑)

また今日からマイペースに更新をしていきたいと思うので、

改めてよろしくお願いします!

 

はじめに

さて、冒頭にも少し書きましたが今回は塾の勉強合宿に帯同して

学んだことのうちの一つを書きたいと思います。

その名も「どうやって経験差を埋め合わせるのか?

あくまで塾講師の経験に基づいて書かせていただくので、

教師バージョンとなってしまいますが、

他の職業にも役立つ内容だと個人的には思っております。

「自分がやるより経験豊富な人がやった方が効率がいいよな」

「ああ、やっぱ自分なんかでは経験豊富な人にかなわないよな」

そういったことを考えたことがある人にぜひ読んでいただきたい内容となっております。

 

経験の差を埋め合わせる方法

私がこの記事で紹介する経験差の埋め合わせ方は二つです。

一つは自分にできることを徹底的に探すということ。

二つ目は、他人事にしないということです。

以下でそれぞれについて少しづつ解説しますね。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190823114306j:plain

 

自分にできることを徹底的に探す

まず一点目の自分にできることを徹底的に探すということについてです。

「よく言われることじゃねえか!」というツッコミを入れられそうなのですが(笑)

意外と実際に行動するのは難しいのではないでしょうか?

私は経験豊富な50歳近い先生とコンビでこの合宿中ずっと行動させていただいたのですが、

3日目まで自分がこの先生に優っている部分はなく、

したがって分担は自由に決めていいという指示が出されていたのにも関わらず、

補習など仕事内容のほとんどを経験豊富な先生にお願いしていました。

しかし当たり前ですがそれでは自分が帯同している意味がなく、

生徒の役にも立てていない、

そういった焦りから探し始め見つけることができました。

授業自体は流石にベテランの社員さんが担当し私たち学生スタッフはその時間自由時間となっていました。

授業を見学しても、睡眠をとっても構わなかったのです。

その時間の使い方を考えているうちにピンときたのです。

いろんなクラスの授業を回って理解が苦しそうなところを、

ピンポイント解説という形で補習を行うことにしたのです。

この試みは私の中では成功し、

今まで質問に来なかった子が質問に来てくれたり、

「英語を短時間で伸ばすためのコツを教えてください」といった

少々都合のいい(?)質問まで出るようになりました。

なんにせよ生徒の意欲を伸ばせればそれが塾講師にとっての成功であるので、

できることを探してよかったなあと思いました。

 

他人事にしない

次に二点目の他人事にしないということについてです。

これ、めちゃくちゃ大事だと思います。

例えばサラリーマンの場合。

会社の方針などは幹部が決めるものであるとして自分に関係ないと思い、

適当に目を通すだけにするのか、

はたまたどうやってこの方針が決められたのか、

あるいはこう改善することはできないかといったことを考えるとでは大きな差が出るのだと思います。

私の場合は3日目まで普段受け持っている生徒ではないため、

そこまで必死に面倒を見なくてもいいという意識がどこかしらにあったのだと思います。

いや、普段受け持っている生徒に関しても同様です。

自分は学生なんだから最後には社員さんがなんとかしてくれるだろうという

一種の甘えがあったのだと思います。

しかし、それではダメなのです。

生徒は常に賢い。

自分達に向けられた熱量さなどは感じ取れてしまうものなのです。

したがって自分のことをそこまで考えてくれない先生を信頼などは当然なく、

話も聞いてくれなくなるのです。

大げさではありますが、

どの瞬間においても生徒の将来の一部を担っているという自覚とともに、

自分の生徒なんだという意識を持つことが大切なのだと思いました。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ある先生に「私なんか知識の曖昧なものが教えてもいいものなのでしょうか?」

と質問したところ、

「企業という観点を考えたら若いかたが経験を積むということは大事なことです。

ベテランばかりが教えてその人たちが塾を去ったら、

誰も残らなくなるとまずいでしょう?」

という回答をいただけました。

私たち経験の不足しているものがその意見に同意を示すのはおこがましいのかもしれません。

しかし、経験がないなりに頑張っていきたい・できることをしていきたいと思えた合宿でした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、また!!

いい書評の書き方とは?

こんにちは、シイです!

はじめに

「書評ってどう書けばいいんだろ〜?」

「書いてみたものはいいんだけどちゃんと伝わっているのかなあ?」

今回は、

そんな風に考えている方にとってぜひ読んでいただきたいと思っています。

 

書評の書き方を悩んだきっかけ

私が書評の書き方について悩んで、

これから変えていこうと思ったのにはあるきっかけがあります。

www.sii-mamabu.com

↑このブログを書来始めた頃に書いた書評です。

どうしてもこの本をみんなに勧めたい、

そう思えるほど『嫌われる勇気』という本は良著だと思うのですが、

先日ある友達にこの本をお勧めしていたらある質問をされました。

「じゃあさ、そのアドラー心理学について簡単に説明してみてよ」

この時私はめちゃくちゃ推しているこの本ですら的確に回答できなかったのです。

そして、自分の書評の書き方にも少し問題があるのではないかと思い始めたのです。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190814115417j:plain

craftbeermaniaさんによる写真ACからの写真

これまでの書評の書き方

私は今まで、本の内容についてはほとんど触れませんでした。

そもそも的確に本の内容を表すのは難しいことですし、

ずれてしまうこともあるので、

直接本を読んでもらった方が早いと思っていたからです。

そのため、「こういう悩みがあれば解決できるよ〜」といった読むメリットに注視していました。

それは読んでくれるみなさまにとっては正解かもしれませんが、

書く側のアウトプットという側面に関しては少し不十分なのかもしれません

 

これからチャレンジしたい書評の書き方

よって今後は書評の書き方をアップデートしたいと思います!

まずは自分なりにその本の要旨についてまとめてみる。

その上でどのような悩みが解決されるかなどをかき

自分なりのその本についての意見をまとめる

これでしばらくは行ってみたいと思います。

 

いい書評の書き方とは?

いい書評の書き方とは?

これは非常に難しい問いだと思いますが、

私なりに今の考えを述べるならば、

読んでくれるみなさまも紹介した本を読んでみたいと思え

かつ紹介した方も内容をアウトプットすることで自身の力にできるような

書評の書き方ではないかと思います。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

もちろん書評の書き方は十人十色だと思います。

こういう書き方の方がいいんじゃない?などあればぜひ教えてください!

それでは、また!!

自由と楽しさと人への負担の方程式

おはようございます、シイです!

 

4泊5日の夏合宿に行ってきました〜!

そのため、ブログ更新が滞ってしまっていました。

仮に合宿などがあったとしても続けようと思えるようなメンタリティにしていきたいです。

はじめに

さて、今回書こうと思うことは合宿中に一番痛感したことです。

それは、自由と楽しさと人への負担の関係についてです。

「自由であればあるほど楽しいよね〜」

これ真実だと思います。

ですが人への負担という側面を忘れていませんか?

というお話。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190813090634j:plain

 

飲み会でもどしちゃう人っているよね…

大学のサークルの話なのでお酒が絡んできます。

まずは軽めな話からいきましょう。

飲み会があるとゲロっちゃう人っていますよね?

朝から汚い話で申し訳ないのですが、

トイレでゲロるのであればなんも問題ないと思います。

しかし、洗面所や会場で戻してしまうのはどうなのでしょうか?

私は冷たい人間なので(笑)「自分で処理しろよ」と思っちゃいますが、

もちろん当の本人はそんなことをできる状態ではありません。

朝まで放っておこうにも宿の人に朝バレると使用禁止を命じられる可能性もあるので、

朝方までには処理しなければなりません。

結果として大して飲んでもなく理性がある人が汚い仕事を引き受けないといけなくなるのです。

自由であり楽しむのは構いませんが、

人への負担をかけるのはよくないのではないでしょうか?

 

疲労もあり倒れちやった子の話

さらに事件を重くして考えてみましょう。

ただでさえ、熱中症で体調がすぐれないのに少し飲んでしまった子がいました。

まあ色々あってこの場合はその子が一概に悪いとも言えないのですが、

結果として寝込んでしまい、

最終日もバスに乗ることができないような状態になってしまいました。

すると車で家の近くまで送っていくしかないということになり、

先輩がた二人が車でその子の家の近くまで送って行ってくれたのですが、

結果として先輩方は予定の二、三時間も多く運転することになりました。

ただでさえテニスを毎日やって疲れているところそこまでしてもらって、

感謝しかありません。

自己責任とは言えない部分があるとしても、

結果は変わりません。

自由を享受して楽しめば誰かがその分を負担することになるのです。

 

挙げ句の果てには救急車!?

最後にもう一個、一番重い話で考えてみましょう。

実際に4年前にうちのサークルであった話です。

今はうちはとっても地味なサークルですが(笑)

何年か前まではザ・テニサーという感じの

ある程度パリピなサークルであったようです。

そのためコールなどもひどく、

一回飲み過ぎで呼吸困難に陥った人が出てしまったそうなのです。

幸いなことに大事には至らなかったのですが、

当然救急車を呼ぶはめになり、

厳重注意をされたそうです。

これも幸いなことにサークルを解体されることは免れたようですが、

全然そうなっててもおかしくはない状況で、

解体されてしまっていたらどれほどの迷惑がかかっていたのだろうって思っちゃいました。

 

おわりに

私は飲み会は嫌いなのでよくわからない部分もありますが(笑)

おそらくお酒を飲まなければ楽しくない人も大学生にはいっぱいいるのでしょう。

でも考えなければならないのはその楽しさが誰かの負担になっていないか?

ということだと思います。

そしておそらくお酒に限った話ではないとも。

楽しさと自由と人への負担のバランスを考えて適切なとことを探していきたいですよね。

なんにせよ、人に迷惑をかけないような生き方をしてしていきたいとそう思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、また!

 

 

構造下で働くより、構造を創造する

おはようございます、シイです!

 

先日は高校の同級生とホームパーティをしました!

私は一浪しているので三年生の同級生のもっぱらの話題といえば就活。

インターン中なのにインスタばっかいじる変わった女の子の話など、

面白い話題や真面目な話題がいっぱい出ました。

はじめに

そこで今回の記事では少し広げて

「構造下で働くよりも、構造を創造する」ということについて

できればみなさんと意見交換をしてみたいと思います。

どういうことか?と言われると

例えばインターンだからスーツを着ていかなければならないとか、

交渉力などをあるフォーマットに従って評価されるとか

そもそも三年生のこの時期はインターンをするものだとか

そういったいわば「常識」にも近いものに私たちは日々従っています。

その「常識」というのは合理的だからこそ

社会理念としてまかりとおっているのでしょうが、

恐らく誰かが恣意的に定めたものです。

この「常識」に全面的に従うことが良いのかどうかについて

少しみなさんと考えてみたいのです。

 

インスタの話。

話題を一気に身近なところまで持っていきいと思います。

実は私はSNSが苦手なので(笑)インスタをやっていないのですが、

同世代の間にはめちゃくちゃインスタは流行っています。

ストーリーやライブなど機能も様々ですよね。

でもこんなみんなが楽しめるアプリを創造した人がいるのです。

言い方は悪いですが、アプリを使って楽しむことは誰にでもできます。

「そんな堅苦しいことを言うな」と言われるかもしれませんが(笑)

楽しんでいるのは時間の「費消」

誰かを楽しませることができたならそれは資産の「創生」に直結するのです。

この差は大きいものではないかなあと思います。

 

はてなブログの話。

自分がやっていないことはあれこれ言えるので(笑)

自分に関係あるはてなブログの話をしましょう。

このブログの形式を考えた人は本当に天才だと思います。

ブログを書く上で難しいスキルは特に必要ありませんし、

初心者が続けやすいようなはてなスターなどの機能も備えていて、

さらにははてブは社会的にも影響力を持っています。

はてなブログの場合はYouTubeと同じく構造が三層でしょう。

まず、はてなブログという構造を作った人がいて、

次にその構造下で働くブロガーがいて、

最後にそのコンテンツを楽しんでれる人がいる。

資産的なことを「ブログで月〇〇万」という方もたくさんいますが、

やはり構造を作ったみんなを楽しませんることができる人には、

金銭的な面でも社会貢献度的な面でも敵わないのでしょう。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190806095301j:plain

まんだむさんによる写真ACからの写真

構造下で働き続けることは…?

正しいことが正論だとは思ってません。

ただし、今は娯楽と言う名の時間を消費するものがはびこっています。

YouTubeを見ていたら止まらなくなり、

一時間経過するといったことはよくあることでしょう。

楽しいからいい、それもそうでしょうし、

リラックスできるというなら全然有意義な時間の使い方だと思います。

一方で、夏休みの今時間があるからといって

なんとなくずっと時間を浪費してしまうのはいかがなものなのでしょうか?

私は最近構造を作った人に時間を「搾取」されているような錯覚をも感じるのです。

 

就活の話アゲイン

最後に少し就活の話に戻りましょう。

www.hommeinavi.com

↑どうなるかはわかりませんが、就活のルールも変わると巷では噂されています。

結局は人が定めたルールなのでそういうこともあるでしょう。

基本的には誰かが定めたルールの中で働かざるを得ない社会です。

しかし何か一つはみんなの役に立つような構造を作ってみたい、そう思っています。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

ところどころ強い表現を使ってしまったため、不快に感じた方申し訳ありません。

私が思っていることを書きましたが、

「そうじゃないんじゃない?」という意見もあると思います。

ぜひコメントなどで書いていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、また!

鍵を失くした!? そんな時の対処法まとめ

おはようございます!シイです。

はじめに

「鍵を失くして家に入れない!」

そんな状況に陥ったことはありませんか?

今回は「ない」と答えた人にこそ読んでいただきたい記事となっております。

「いや、鍵なんて失くさねえよ」

そう思われる方も多いと思います。

私もそう思っていましたが、

なんと試験期間中に鍵を失くし不安と焦りとストレスに苛まれました(笑)

今回の記事では鍵を失くしてから家に入るまでの手順をまとめます!

 

ちなみに、おそらくですが昼失くした場合には不動産屋に行けば、

マスターキーを借りることができると思います。

今回取り上げるのは不動産が閉まった後に失くしたと気づいた場合です。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190805105055j:plain

ぴかちゃんさんによるイラストACからのイラスト

保険会社or鍵開け屋への連絡

まずは、保険会社or鍵開け屋への連絡です。

賃貸を借りる時に強制的に保険に入らされる方もいると思うので、

その電話番号はメモしておいた方がいいと思います。

 

オートロックの突破

連絡が取れると、これは住まいによって変わるのですが、

オートロックがある場合は

「そこを潜りぬけてからまた連絡してください」と言われると思います。

家の鍵とオートロックの鍵が一緒な場合はやっかいですよね。

私はまさにそのパターンで知り合いの住人もいなかったので

誰か来るまで40分ほどオートロックの前で待機していました。

(側から見ればただの不審者だったと思います 泣)

 

再び連絡〜マンション内での待機〜

そして無事(?)オートロックを抜けたらもう一度連絡です。

私の場合は「あっじゃあ50分で行きます」と言われました。

内心「そんなかかるならもういいよ!」と思いましたが、

オートロックに入るまでに費やした時間を考えると

階段で50分待機することを選びました。

 

鍵開け屋のお兄さん登場!〜再び玄関での待機〜

さて、いよいよ鍵開け屋のお兄さんが登場です。

そして「鍵を開けるやり方は秘密なので玄関で待機しておいてください」

と言われました。

再び不審者の極みになること小一時間、

ようやく「空きましたよ」と言ってもらえ家に上がることができました。

12時過ぎても必死に作業をしていただいたお兄さんには

感謝の言葉しかありません。

 

以上、いかがだったでしょうか?

かなりふんわりと書きましたが、

夏になくすと暑さにやられて結構地獄でした(笑)

開くかどうかの不安と明日試験なのにという焦りも私の場合はありましたからねえ〜、

大変といえば大変でした(笑)

 

補足

さて以上を踏まえて二点ほど補足をしたいと思います。

まず第一に鍵を失くしたと気づいてから家に入れるまで私は三時間ほどかかりました。

近くにいるのであれば友達の家に一晩泊めてもらい、

お昼にマスターキーを借りに行く方がいいと思います。

次に二つ目、鍵開け屋さんは優秀だということです(笑)

私が住むマンションは鍵のタイプが特殊なのでそこが気になり

質問させていただきましたが、

覗き穴を外して細いものを外から入れ中から鍵を開けるそうなので、

鍵のタイプは関係ないということです。

そこらへんは心配せず、ぜひ頼りましょう!

 

おわりに

鍵を失くさないというのが一番だとは思いますが、

万が一の時にこの記事が少しでも役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、また!

Rakuten OPTIMISMでみた近未来のカタチ

おはようございます!シイです。

 

最近ブログが日記みたいになってきてしまってます。

夏休みだからですかね?(笑)

おこがましいかもしれませんが、

誰かの役に少しでも立てるような記事を書く

ということをもう一度自分で確認したいと思います。

はじめに

さて、本日は先日参加させていただいた

Rakuten OPTIMISMの内容に関して書きたいと思います。

「投資って怖いイメージがあるんだけど、どんなんなんだろう?」

「キャッシュレスって流行っているけど、実際の効果は?」

「5Gの時代がくると言われているけど何が変わるのかなあ?」

そんなことを思われたことのある皆さん、一読していただけると幸いです。

 

Rakuten OPTIMISMとは

まずは、Rakuten OPTIMISMについて。

corp.rakuten.co.jp

Rakuten OPTIMISMとは「ここに来れば未来がわかる。

をキャッチコピーとして開催された

より良い未来を知り、明るい未来を体験できる、

楽天が開催する日本最大級のイベントです。

実際にVRを使った試合観戦やサッカー選手とのパス交換など

近未来を体験することができました!

(2時間待ちとかだったので並ばなかったんですけど… 笑)

 

Rakuten OPTIMISMで学んだこと

参加してみて学ぶことができたのは大きく分かれば以下の三つです。

  1. 令和新時代の投資のゆくえ
  2. キャッシュレスのメリット
  3. 5G時代とは  

以下でそれぞれについて少しづつ解説を加えたいと思います。

 

令和新時代の投資のゆくえ

一つ目は投資について。

私が行った最終日には「楽天証券セミナー」というものが開催されていました。

その中で「令和時代の成長企業と日本株投資戦略」と題して

楽天証券経済研究チーフ・ストラテジストの窪田真之様の講演と

「進化した私の投資スタイル」と題して

将棋プロ棋士7段の桐谷広人様とタレントの杉浦杏璃様のセッションがありました。

それぞれの主張されていたことを少しまとめたいと思います。

 

まず、窪田様が主張されていたことをまとめると、

  1. 令和は良質なサービスを安価に大量供給する企業が成長する
  2. 現在の景気と実際の株価には時間差がある(半年〜一年先の景気で今の株価が決まる)
  3. 令和時代の日本株投資戦略としてはAIやIOTなどグロース株と大型の高配当株であるバリュー株分散投資をした方が良い。
  4. 今銀行の価値が問われて非常に安くなっているため三菱UFJ銀行などメガ銀行の株は買い時である。

以上ですかね。

それぞれについてエビデンスはもちろん説明してくださいましたが、

長くなりすぎるので省略します。

もし興味のある方がいれば連絡していただけると

私の理解している限りで返信しますね!

 

次に、桐谷様と杉浦様のセッションでは、

  1. 優待株式というのは個人投資家を大事にする証拠であり、実際に何かしらの物品を得ることができるので始めた方が良い。
  2. 数字に頼ることも大事であるが、「この企業好きなんだよね!」と行った感性も投資初心者には大事である、

ということを対談の中で話されていました。

 

キャッシュレスのメリット

では、二つ目のキャッシュレスのメリットについて見ていきましょう。

Rakuten ORTIMISMでは、キャッシュレス化を促すという意味で

現金の使用が禁止されていました。

私は古臭い人間なので(笑)「めんどくさいな〜」と最初思っていました。

そしてお昼に並ぶ列を見て「これは10分待ちかなー」と思っていましたが

なんと3分ほどでお昼を買うことができたのです!

結構衝撃的でしたよ、みんながキャッシュレス化をすれば

こんなにも時短になるのかと驚いたのです。

もしかしたらフードコートでめっちゃ並ぶみたいな

事態が解消されるかもしれないなあと思いました。

 

5G時代とは

最後に5Gについて。

これは専門の方の方が詳しいと思うのでさっと流しますが、

5Gの特徴は1:超高速2:超低遅延3:多数同時接続とのことです。

超高速というのは二時間の映画を5秒以内にダウンロードできる

超低遅延というのは、動画を見てる時にたまにあるくるくるがなくなる、

多数同時接続というのは、CMでよくある「OK,Google」がより広範囲に

進化するというものです。

さらに便利になりそうでSFみたいな時代が到来しそうで

ワクワクしますよね!(笑)

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

自分なりに昨日学んだことをまとめたつもりですが

多少冗長になってしまったかもしれません。

それでも最後まで読んでいただいていただきありがとうございました。

それでは、また!

最近話題の『天気の子』を観てみた!

おはようございます、シイです!

 

最近まで雨ばっかでしたが

梅雨が明けた途端ほんとに暑いですよね…

お互い熱中症には気をつけて頑張っていきましょう!

はじめに

さて、今回は先日見てきた『天気の子』についての感想を

書いていきたいと思います。

ネタバレは全くしませんので

「なんか話題になってるし、観に行こうかなあ」と考えている人の

一つの判断材料になればいいなあと思ってます。

 

あらすじ

それでは、まずあらすじから(ネタバレは入れてません!)

端的にあらすじを書くのであれば雨が降り止まない東京を舞台に

田舎から家出してきた高校一年生の森嶋帆高と

天気を短時間だけ操る能力を手に入れた天野陽菜の繰り広げるラブストーリーです。

 

感想

普段映画を見る方じゃないのでなんという感想を打てばいいかわからないのですが(笑)

普通にいい映画だったと思います(なんて浅い感想!? 笑)

超おすすめってわけでもないですが、観て損はないかと。

f:id:hibinayamuarudaigakuseinokiroku:20190803093631j:plain

まくわうりさんによる写真ACからの写真  

オススメポイント三点

ちょっと感想が雑すぎたので(笑)最後にオススメポイントを三点ほど

書いておこきます!

 

登場人物の心情表現のリアルさ

まず一点目は、登場人物の心情表現のリアルさです!

新海誠監督の作品ということでどうしても『君の名は。』

と比較しながら観てしまいましたが、

『君の名は』が高校生をメインとして描いていたのに対し

『天気の子』は中学生をメインとしながらも周りの人々の心的表現まで

しっかり描かれていました。

私が大学生ということもあるのでしょうが、

ひたむきに突き進む中学生と現実をわかっている大人という対比的な心情描写の

どちらにも共感してしまい

最後はどうなるのかワクワクしながら観ていました。

 

グラフィックの綺麗さ

二点目は、グラフィックの綺麗さです。

これはいうまでもないかもしれませんが、ほんとに綺麗です。

この前朝番組を見てるとたまたま天気の子特集をやっていたのですが、

その中で新海誠監督は雨粒にもこだわったとおっしゃっていました。

安易に水色で書くのではなく、透明さをどう表現するかを工夫したとうことです。

その語りの熱量にインタビューしていた女子アナさんが若干引いているようにも

見えましたが(笑)

積乱雲や雨の跳ね返りなどほんとに綺麗なグラフィックでした。

 

現実と作中の世界観との微妙な差異

最後三点目は、現実と作中の世界観との微妙な差異です。

当たり前ですが、現実には天気を自在に操れる子など存在しません。

(いてほしいとは思いますけどね 笑)

一方で出てくるヒロインの特殊能力(?)もそれだけと言ってしまえばそれだけです。

主人公の帆高も普通の中学生。

作中では自身の無力さや自分の力ではどうしようもない現実も描かれます。

その現実みたいな世界観の中で、それでも帆高はガムシャラに突き進む

それが個人的には気持ちいと思いました。

現実と隔絶れた世界観ではないというところに共感ポイントが高かったです。

 

補足

最後にただただどうでもいいことですが(笑)

梶さんの務める高井刑事イケボすぎやろ〜〜〜〜〜!

あと『君の名は。』があれだけ大ヒットすると次の作品を作ることに

プレッシャーかかるだろうなあと思いました。

小バズなどで「次の記事をどうしよう」と悩む自分が小さいなあと(笑)

継続していきます!(笑)

 

おわりに

はいというわけでいかがだったでしょうか?

冒頭にも書きましたが行くか検討している人の判断材料の一つになれば幸いです。

それでは、また!